【ベトナム語翻訳】いまだに「ワクチンパスポート」があるのはなぜ?

ベトナム保健省によると、同国ではCOVID-19の流行を防ぐための対策を従来より変えていない。そのため、ベトナムに入国するためには、例えワクチンを接種していても(「ワクチンパスポート」とも呼ばれる)、14日間隔離され、検査用のサンプルを採取しなければならない…

"ワクチンパスポート "とは、COVID-19ワクチンを2回接種した症例を証明する新しい概念だ。

最近ベトナムに入国した人の中には、COVID-19ワクチンを2回接種した「ワクチンパスポート」を持っている人がいる。現在の規定では、これらのケースは通常通り14日間隔離され、2回の検査を受けなければならない。

過去には、感染症を予防するために、各国はコレラ、ペスト、黄熱病などの旅行にワクチンの認証を適用した。

「COVID-19 "ワクチンと同様に、ワクチンパスポートを持つことにもメリットがある。ワクチンを接種した人に本当に免疫があれば、他の国に移動しても感染せず、病気を広めることもない。これにより、観光、航空、旅行、経済発展といった、各国が抱える問題を解消することができる」と、保健省の公衆衛生イベント対応センターのシニアアドバイザーであるトラン・ダック・フー氏は述べる。

先週末に開催されたベトナムでのCOVID-19予防接種キャンペーンの立ち上げで、グエン・タイン・ロン教授は、ベトナムの予防接種システムが後に国際的につながることになるとも述べている。これは「ワクチン・パスポート」であり、すべてQRコードで管理される。

これにより、ベトナムで予防接種を受けた人は、予防接種証明書が発行され、個人の健康記録の情報が電子的に更新されることになる。

ワクチン接種キャンペーンをスムーズに同期して運営するために、保健省は予防接種を受けた人のデータを個人医療記録システムで管理する。ベトナムでは現在、9,700万件以上の記録が完了している。

[Cafef 16:17 11/03/2021].  © VJ-connect.com 2020-2021 All Rights Reserved.
※ニュース記事は上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 

ベトナム語翻訳・通訳サービスをご検討のお客様へ

お気軽にお問い合わせください


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる