【ベトナム語翻訳】2021年 ホーチミン市先端研究・イノベーション研究所を稼働

これは、2021年のホーチミン市の科学技術活動における多くの重要な課題の一つだ。同研究所は、同市のイノベーション活動を促進することで、労働生産性の早期向上に貢献することが期待されている。

3月16日午前、ホーチミン市科学技術局は、2021年の作業計画を承認する会議を開催した。

ここで、グエン・タイン・フォン氏(ホーチミン市人民委員会議長)は、ホーチミン市の労働生産性は全国の約2.7倍であると述べた。

「この生産性が今後も向上し、経済的に持続的に発展していくためには、ホーチミン市が科学技術を応用し、イノベーションを推進していくしかない。そのためには、それを支えるツールや仕組みが必要だ」とフォン氏は言う。

その中でも特に評価されているのが、ホーチミン市ハイテクパーク内に設置され、2021年の稼働が予定されている「ホーチミン市先端研究・イノベーション研究所」であり、製品の研究を現実のものとし、学校や研究機関と企業を結びつけ、大学のイノベーションセンターを結びつけることに貢献する。

本研究所はホーチミン市ハイテクパークに位置しているため、この地域と近隣のホーチミン国立大学の両方のリソースを活用することができ、Thu Cityの中心にある「シリコンバレー」として期待されている。

フォン氏は、ホーチミン市には科学的なポテンシャル、人間的なポテンシャルがあり、残りの本質的なものは環境とメカニズムであることを強調した。

「ホーチミン市発展のキーワードといえば、イノベーションだ。産業革命4.0の先頭に立つためには、イノベーションを考えなければならない」とフォン氏は強調した。

[tuoitre 12:27 16/03/2021].  © VJ-connect.com 2020-2021 All Rights Reserved.
※ニュース記事は上記の各ソースを参考に記事を編集・制作しています。 

ベトナム語翻訳・通訳サービスをご検討のお客様へ

お気軽にお問い合わせください


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる